お客様の声

ドッグトレーニング スクール ウーランで、一緒に学び成長したワンちゃん達の飼い主様の声をご紹介させて頂きます。
犬との暮らしで困ったことがありましたら、お気軽にご相談下さい。
また、生徒さん(愛犬)紹介はブログ形式で更新していきますのでご覧ください。

ミロンちゃん(フレブル)

多田先生にお世話になって早ニ年以上になります。
以前、我が家ではミクロというフレンチブルドッグを飼っていました。
ミクロは、おとなしくてのんびりとした犬でしたので、扱いもとても楽でした。

犬のしつけで家族みんな仲良く

ところがニ代目のミロンは、ミクロとは随分と性格が違い要求ぼえが激しくきかんぼで家族みんなで、困り果てていました。
ちょうどその頃、多田先生と出会い、犬との関わり方をいろいろと手解きして頂き現在に至っています。
おかげで、あのきかんぼうのミロンもすっかり協調性をもった家族の一員となり、共に平和な日々を送らせて頂いています。

ミロンは、先生とスクールで会う犬たちのことが大好きで、お預けの日は、みんなに会えるのが楽しみのようで、朝早くから興奮して身体の震えが止まらなくなってしまう程です。
それを見ていると先生がいかに心から犬たちのことを愛し大事に接してくれているかが伝わってきます。
しつけという点だけでなく先生のそんな気持ちが今もお預けをお願いしている理由です。

Kちゃん(フレブル)

もの心がついた頃からお世話になっています。
トレーニングを始めた頃は、家中トイレ、早朝や玄関チャイムへの無駄吠え等々、飼い主にタップリとストレスを与えてくれるヤンチャ娘でした。

今では、トイレは完璧、無駄吠えも殆どなくなり、私共は「我が子からのストレス」から解放され、すっかり癒しの存在になっています。

楽しく学ぶ犬のしつけ

今は、週一回のペースでドッグスクール・ウーランにお世話になっています。トレーニングだけでなく他のワンちゃん達と思いっきり遊んでストレス発散になっていると思います。ウーランに行った日は、帰ってくると直ぐに爆睡で、きっと楽しかった1日の夢を見ているのでしょう。

Nちゃん(トイプードル)

うちの子は我が家に初めてやってきた犬で、小さいときはあまり吠えることもなかったのですが、いろいろ怖いことも経験していくうちに、さまざまな場面で吠えるようになってきました。また、ほかのわんちゃんに顔をクンクン嗅がれると怒って威嚇することもありました。そこで、5歳になっていましたが、訓練をお願いすることにしました。

理由は大きく2つあります。1つは、吠えるかな、怒るかな、とドキドキしないでのんびりゆっくりお散歩を楽しみたかったから。もう1つは、以前からセラピードッグとして老人施設に行かせたいと思っていたからです。元来甘えん坊で、抱っこされるのが好き、そしてお年寄りの方が大好きな犬なので。

訓練が始まって、吠えているのを無理やり止めるというのではなく、まず主従関係をきちんと築くこと、吠える要因を考えて吠える前に対処することなどを、飼い主側が学びました。けれど、今までの生活をガラッと変える必要はなかったので、無理なく、楽しみながら続けられました。他のわんちゃんとも、時にはフレンドリーに、時には我慢してやり過ごすなど、徐々に距離感を覚えていきました。

訓練の終わった今は、私の気持ちもゆったりしながら、たっぷりお散歩を楽しんでいます。ちょっと興奮しているときなどたまには吠えてしまうこともありますが、何とか短い時間で気分転換して先に進めるようになったと思います。また、ボランティアで老人施設に通い始めました。体が小さいのでお年寄りの方は気軽に抱っこができますし、うちの子も抱っこされて嬉しいし、双方いいことづくしです!ここでは、大きい子から小さい子まで20頭近くのわんちゃんが一つの空間に集まりますが、吠えることはありません。

海外旅行にクレートトレーニング

それからおまけがひとつ。苦手だった「ハウス」を教えていただき、怖かった掃除機もOK、電車やバスにも乗れるようになりました。休みの日には少し足を延ばして、山登りも楽しんでいます。この度主人の転勤で急に海外に行くことになりましたが、飛行機に乗せることを考えると、キャリーケースが落ち着く場所になってくれて本当に良かったです。

5歳になっていたのに、諦めず訓練をしていただいてとても感謝しています。ありがとうございました。